女子高生は魔法少女になれない

キュアップ・ラパパ ?

桃娘#とは

「桃娘(トウニャン)」をご存知だろうか。
きれざわ端娘です。
「桃娘」とは古代中国で行われていたとされる「桃のみを食べさせられて育った少女」のことである。
桃以外の食物の摂取を絶たれた「桃娘」の身体からは桃の香りが漂い、汗や涙などの体液からは桃の味がするという。その体液には不老不死や長寿の効果があるとされ富豪たちに売買された。
あまりにも現実味がないことから都市伝説として語り継がれているがなんともロマンがある。

私は幼少期からイレギュラーでマイノリティなものへの憧れやコンプレックスがひときわ強かった。
クラスの中で目立つわけでもない、かと言って地味なわけでもない私はずっと「個性」に憧れ続けていた。
我らが大森靖子ちゃんの歌詞にもあるように眼鏡デビューした子を見れば眼鏡に憧れ、花粉症で授業中とくべつにマスクを付けている子を見れば花粉症に憧れた。

それは次第に大きなコンプレックスとなり、ついには身体の一部になった。
中学に上がるとたびたび「私には何も無いんだ」と思い込み悩むようになった。
そんな中学時代はというと、成績は常に学年15位以内を保ち、吹奏楽部に所属してがむしゃらに練習を重ね1年生にしてパートリーダーを任され、合唱コンクールの伴奏に立候補して成功も果たした。
私は十分すぎるくらいに頑張っていた。
だけど当時の私は気づかなかった。「私には何も無い、まだ足りない」と必死になり人から任されるものは全て引き受けやり遂げた。
精神の乱れや体調不良を押し殺して、狭いクラスという世界の中で輝ける「なにか」を探した。

でも結局それは見つからなかった。
見つける前に私の身体は限界を迎えた。
学校に一切行けなくなり絶望した私の身体はすでには睡眠障害パニック発作を抱えていた。

おかしい。
私はこんなに頑張ったのに。
私はまだ何も見つけられてないのに。
私はもっと認めて欲しいのに。
私はもっとみんなに憧れられたいのに。
私はもっと私を見て欲しかったのに。

人にとって自分がイレギュラーであること、マイノリティであることを求めすぎたのだ。
イレギュラーであることなんて称号じゃなかった。
マイノリティなんて正義じゃなかった。
それに気づくにはあまりにも遅すぎた。


「桃娘」
そう呼ばれた彼女らはどんな気持ちだったのだろう。


自らの存在が神秘に包まれ、己の身体すべてが妙薬として重宝され富豪たちに可愛がられる。
人類というカテゴリで見てあまりにもイレギュラーすぎる育ち方をした彼女ら、私が欲しくて欲しくて仕方なかった「個性」の塊のような彼女らはどんな気持ちだったのだろう。

もちろん、桃娘も元は人間である。
ある一定の年齢を過ぎると桃の糖分のみを摂取し続けた為に糖尿病となり、手足が壊死する者、失明する者など病に蝕まれていった。そして桃娘が重宝されたのは生きている間だけではない。死んだ桃娘の血肉さえも妙薬として売買されたのだ。

自分のありとあらゆるすべてが神聖なものとして扱われ、大勢の人間の貴重な薬となる気持ちは一体どれほどの満足感と幸福感得られるものだったのだろうか!
もしくは自分が「物」として扱われているという絶望的な認識だったのだろうか。


あまりにも馬鹿で単純な私には、普遍的な人生と「桃娘」の神秘的で残酷な短い人生の優劣をつけることはまだできない。