女子高生は魔法少女になれない

キュアップ・ラパパ ?

1000文字の、どうして?

「生きてるってことは当たり前じゃない、奇跡なんだよ、だから前を向いて生きよう!」だなんて言われても黙れクソが、程度の感情しか湧かなくて、わたしは毎日を塗りつぶすように生きている。

どこまで塗りつぶせば正解なのかもわからないし、もしかしたら大切なものをもうすでに塗りつぶしてボロボロにしてしまっているかもしれない。

そんな恐怖にとらわれながら毎日すれすれのラインを落っこちてぐちゃぐちゃにならないように、綱渡りするみたいに生きている。

わたしの中にはたくさんのわたしがいて、ときどき全員がわたしを殺そうとする。わたしはそれから必死に逃げて、逃げて、逃げて。なんとか毎日命を繋ぎとめている、そんな感じ。

生きてるってことは当たり前じゃない、そんなの知ってる。死にたいと思うことが世間的には間違ってるのも知ってる。

知ってる知ってる知ってる、知ってる知ってる知ってる知ってる、知ってる知ってる知ってる知ってる知ってる知ってる知ってる知ってるよ、うるさいなぁ、うるさいなぁ、黙ってよ。

常識の範囲内で生きなきゃいけないの、どうして?

ママ、ゆめかわいいが嫌いなの、どうして?

パステルピンクが嫌われるの、どうして?

人前で薬を飲むのが気まずいの、どうして?

わたしにはわかんないよ、わかんないことが多すぎて生きづらいよ、好きな人にはわたしのこと好きになってほしいよ、でもそれも叶わなかったし、好きなものは全部、「当たり前」に奪われていくみたい。からっぽ。

好きなCD、好きな服、好きなお菓子、好きな人。

全部大好きだけど、全部大嫌い、そんな気持ちで毎日生きてるって誰か知ってて。

誰か私に気づいてください。メンヘラだなんてくだらないカテゴリに分類しないで、お願い、わたしをわたしという個体として見ていて、お願い。

味のなくなったガムばっかり噛んでたら、どれが本当の味かわからなくなっちゃって、何色が好きだったかも思い出せない。

ギター、可愛い、お洋服、可愛い、音楽、可愛い、女の子、可愛い、わたし、可愛くない。

この世界で私だけが可愛くなくてつまらなくて、からっぽで、何も出来ない。

どうしてばっかり馬鹿ばっかりの生活、つかれた。

わたしという個体として輝いていたい。優しい言葉を発していたい。毎日平和に暮らしていたい。いたい、いたい、いたい、痛いよ。

こんなわたしの感触、誰かにわかってほしいの、

どうして?