女子高生は魔法少女になれない

キュアップ・ラパパ ?

恋を失った日

精神グラグラクラスメイトの男子に「僕とセックスしてくれないなら死ぬ」と言われて
泣きながら逃げた日 もし私の恋が報われなければAV出ようと決めた

本来少しは愛を囁かなければ内臓の奥までみせられないのがはがゆい
かっこよくなんか生きなくていいよって言う権利が欲しくてAV女優になりたい

音楽も服も好きな人のために生きた
私と言う存在の全てが恋だった
絶対一生この人でないのなら永遠にひとりでいいと思って 処女でした

恋は命がけだ。片思いは希望であり絶望だ。

人生は完璧であるほど薄っぺらに感じる。

花はいつか散る。人はいずれ死ぬ。

なのにどうしてこんなにも醜くてダサくて惨めな思いをしながらも人は恋をしてしまうのだろう。

内蔵の奥まで私という存在を知っていてほしい。身体中が恋に蝕まれる。自分が消えたって構わない。あなたに認めてもらえるのならば。

あなたが笑えば私も笑った。何が面白いのかわからなかったけれど。一生懸命あなたをわかろうとした。わかりたかった。満たされたかった。

優しくされた日は1日中嬉しくて、嬉しくて泣きそうなほどあなたの言葉を頭のなかで繰り返していた。

あまり話せなかった日はひどく落ち込んで、ご飯も喉を通らないほどだった。

これは私にとって唯一の純愛だと思った。

 

だけど叶わなかった。他に好きな人がいると言われた。涙は出なかった。私は乾いた笑いをこぼすだけだった。

その後数日は普段通りにあなたと話したり、笑ったりしていた。このままの関係がずっと続けばいいと思った。

でも、あなたの好きな人に気づいてしまった。

あなたはあの子にだけ、とても柔らかい、優しさに溢れた笑顔を見せた。

ただただ悲しかった。これほど知らなくていいことはないと思った。

絶望の淵に立たされた私は生きる意味を見失なった。

その日から元々あまり通っていなかった学校には完全に行かなくなった。

恋をすること、誰かを好きになるということ。

それは私にとってすごく難しいことだった。

たった一度の恋愛の失敗で一生分の絶望を経験してしまったが為に恋が怖くなっていた。

私はとうとうセックスに逃げようとした。

好きでもない先輩と寝ようとした。

でもやっぱり怖くなって、結局実現はしなかった。

なんだ、馬鹿なふりしてるけど死ぬ程ピュアじゃん自分、と思った。どれだけ自暴自棄になっても結局はなにより自分が大事だったのだ。

強くありたい。叶わず逃した恋に泣く夜も、絶望の淵で首を吊りそうな朝も、強くありたい。

恋が叶わなくたって、私は私でありたい。

つまらないラブソングよりもずっとずっと強く願った私の恋に美しい終わり方なんてないけれど。

それでも私はまた誰かに恋をする。