女子高生は魔法少女になれない

キュアップ・ラパパ ?

「ふたり」になれない私たち

好きな人がいる。

今日も好きな人とセックスをした。

「可愛いね」「大好きだよ」と好きな人は言った。

でも、私は好きな人の恋人ではない。

この関係を始めてから、一体どれくらい自問自答を繰り返してきただろうか。一体どれだけ自分を責め、恨み、呆れ返っただろうか。

セックスはありとあらゆる問題をうやむやにしてくれる。彼に抱かれている瞬間だけ、私たちは「ふたり」になれているような気がしていた。

 

「今年は結婚しようかなあ」

 

好きな人が今日帰り際に言った。

 

「え、マジで?」

 

そんなリアクションしかできなかった。

彼の年齢を考えると結婚したいという発想は当然のものだし、それを考える度に私があまりにも子供だという事実を突きつけられる。

私は彼が好きなのだ。だから彼の描く未来に、彼が結婚するであろう人間の候補にすら私はいないということが悔しかった。

好きな人は女好きの筆不精の身勝手の気分屋だ。

「そんな人のどこがいいの?」と最近よく友達に聞かれる。正直に言うと私にももうわからない。というか、「ここが好き」とかいうレベルではないのだ。細胞レベルで私は彼から安心感を得ているしときめいているし惹かれているのだ。

彼の名前を呼ぶ度に幸せな気持ちになって、それと同時に胸がきゅっと苦しくなる。これを恋と呼ばずして、愛情と呼ばずしてなんと言えよう。

彼の前ではもはや「わからない」という感情ですら愛おしいのだ。彼の存在は私のどうしようもない死ぬ以外の選択肢が浮かばないようなどん底の朝も昼も夜もすべて塗り替えてしまうような魔法だ。そしてどれだけもがいても深みにはまっていく、取り返しのつかない感情にさせてしまう麻薬だ。

私たちにはきっといつか終わりが来る。

それは1年後かもしれないし半年後かもしれないし1ヶ月後かもしれないし、もしかしたら明日かもしれない。

私が彼を好きでいるように、彼にも人を好きになる権利がある。好きになるという感情の前では全てのものが意味を失ってしまうからきっと彼はわたしになんの情を感じることもなく関係を解消するだろう。

でももうそれでもいいかな、と思っている自分もいる。それぐらいのことがないと私はきっと、彼を諦めきれないからだ。もちろん彼と付き合えるのならばそれがいちばん嬉しいことだけれど、そればかりは言ってみないと、行動してみないとわからないし、なにより怖い。他人に戻るのが怖い。

でもひとつだけ決めていることがある。

私が成人する3月までには決着をつけようと。

この件に関してはそれが実現できるかどうかは私の中では大した問題ではなくて、そんな決心をできた自分をまず褒めてあげようと思う。

好きな人を諦めるということ。

それは一大決心であり、終わりであり始まりだ。

きっと彼に振られたとしても、私はたぶん夏には別の恋をしているだろうし、そのうち彼の表情や仕草なんかも忘れてしまうのだろう。

忘れるということ。それは成長なのかもしれない。

人は色んなことを忘れて生きてゆく。

どれだけ好きだった彼氏でも別れてしまえば生きてようが死んでようがどうでもいい存在になってしまったりもする。 忘れないと前に進めないことは案外多く存在するし、忘れることで救われたりもする。

でも私は思う。

「好きな人」のことは忘れてしまっても「好きな人を一生懸命に好きでいた私」のことは忘れたくないな。

人に愛情を向けられるというのはこの上なく素晴らしいことだし、それが依存だろうと執着だろうと「好き」という感情を持っているのならばそれでいいんだと思ったりもする。

いつか、その終わりが来るまで、私は彼を真正面から愛していようと思う。彼がくれたたくさんのもの、それを1粒もこぼすことなく大事に抱えて、たとえ滑稽だと思われても、一途に彼だけを見つめていたい。

だからもう少し、もう少しだけ。

私に彼を好きでいさせてください。

私たちの関係性を、惰性を、甘えを、許してください。

「ふたり」になれない私たちのことを。

セフレに彼女ができた話

それはあまりにも突然の出来事だった。

3日間連絡のなかったセフレからやってきたLINE。

「連絡不精で申し訳ない!

突然だけどお伝えしないといけないことがあって、一目惚れして告白した方と交際することになりました!

恋人のためにも身辺整理をしたいなと思います、これまで楽しい時間をありがとね」

頭が真っ白、いや暗転した。

何が起きているのか理解ができなかった。

何を言われているのか理解ができなかった。

 

わたしが彼に会ったのは1ヶ月半前。

きっかけはTinderだった。

Tinderなんてヤリモクが大半だしわたしもそのつもりだった。

でもマッチングして、その日のうちに会う約束を決めて会うまでの期間、相手はとてもわたしに興味を示してくれたし(ヤリモクなので)優しくしてくれた(ヤリモクなので)。

わたしは約束当日、はちゃめちゃに緊張しながら彼の家の最寄り駅で待っていた。

すると電話。

「今日遅くまでいるでしょ?一緒に晩ご飯食べようと思って材料買い出しに来てるからちょっと待っててね」

5分後現れた彼。緊張が安心に変わった気がした。

家に着いてセックスして、一緒にお風呂入って晩ご飯を食べて帰る。

それがわたしたちの、いやわたしのしあわせな週に一、二度のルーティンになっていた。

こんな生活抜け出せなくなるな、と思った。

わたしは筆不精な彼からの返信を一日中待っていた。

だいたい10時、15時、22時。

その時間になると無意識にスマホを気にしたり時間を確認したりしていた。

それはもう、すでに、恋だった。

恋だと認識してからの毎日は楽しくて、一喜一憂もするけれど毎日がすこしだけ輝いていた。気がした。

彼はその間も甘い言葉をかけ続けてくれていたし、わたしも徐々に愛情表現をするようになってしまっていた。

セックスフレンド。略してセフレ。

ある日言われた。

「俺と端娘ちゃんはさ、世間一般的に言ったらセフレだけどそれ以上の信頼関係があると思うんだよね」

素直に嬉しかった。このまま付き合えなくても信頼関係があるならこれでいいんじゃないのかとすら思った。

でも、終わりは唐突にやってきた。

セフレの関係性は刹那的であり、どちらかに恋人ができたら即終了の詰みゲーだったりする。

終わって欲しくないことの終わりはいつも突然だ。

でも人間には終わりがあるからこそ美しい、そう思う。

わたしはもちろんどん底に落ちたし這い上がるパワーはまだ完全ではないけれどなんだかそれも受け入れてしまえるような気がした。

 

今日、彼の家に忘れ物を取りに会いに行った。

絶対しないぞと思っていたけれど結局セックスはした。

わたしたちらしい終わり方だなと思った。

事後、わたしはやっぱり泣いてしまって、笑ってごまかしたりしてみたけれどそれでも涙は止まらなかった。

「わたし、本当にセフレさんのこと好きだったんですよ、知ってたでしょ」

「本気かどうかはわからなかったけど好きでいてくれてるなって自覚はあったよ、気持ちに応えられなくてごめんね」

彼は彼のままでいて欲しいな、と思った。

最後の最後まで、とてもずるくて、都合が良くて、自分勝手で、でも、すごく、すごく優しい人だった。そんな彼が好きだった。

そしてそんな彼の幸せをただひたすらに祈る自分がいた。

何にでも終わりはやってくる。

でもその終わりを何度も乗り越えて人は強く、愛情深くなるんだなと思った。

 

彼がしてくれたこと、それはセックスだけじゃなかった。わたしの心の拠り所になってくれた、理解しようとしてくれた、信頼してくれた、そばに居てくれた。こんな短期間でそれだけのものを貰えたなんて、もうわたしはそれで十分だなと思えた。

前髪を切ってくれたこと、一緒にゲームしたあと昼寝したこと、新しく買った布団のレビューを言い合ったこと、入浴剤を浴槽の外にぶちまけて笑ったこと。

もう二度と会えないと理解した途端、彼の声、言葉、表情が一気に頭の中を駆け巡った。

 

玄関先で彼は言った。

「今までありがとう、またね」

わたしは笑ってこう返した。

「今までありがとう、さようなら」

人類ラブ

おひさしぶりです。端娘です。

前回の記事から半年以上経っていると思うと恐ろしいです。みなさん季節の変わり目ですがお元気でしょうか。

最近日々の生産性が著しく低下しているな、これはNo productivityだなと思いながら生活しているんですがどうですか。最近の私つまらんくないですか。尖ってなくないですか。

やっぱできることなら面白い記事とかすんげえ曲とかセンス溢れるツイートとかすんげえ服とか作って1発ドカンと儲けたいんですけど。まあ嘘なんですけど。

とりあえず私は自分が所詮「消費されゆくモノ」だと理解しているタイプのコンテンツなので常に面白くありたいです。

死にたい夜も吐いた朝も全部私の宝物なので誰にも渡したくないしそれを昇華させられるのは私だけなので。

私の気持ち悪さを私は全力で愛してしまいたい。他人からの肯定なんていらないほどに。気持ち悪くて、ダサくて、つまんねえ平凡さだってむしろ愛おしく思っていたい。

自分を助けてあげられるのって最後は結局自分しかいないんだな、と最近気付きました。だから自分の自分だと認めたくない人格、考え方まで全て含めて好きだな、面白いな、と思っていたいです。

そういう考え方をするようになった最近なんですがそのせいか他人も余計に愛おしく感じてます。人類めっちゃ愛おしい。

だって素晴らしくないですか?人間ひとりひとり「個」を持っていてそれを爆発させたりさせなかったりしながら生きてる。それはひとつとして同じものはなくて、え、なにそれ、生きてるだけでもう既にサイコーじゃん、と思うわけです。同じ局面にぶち当たったとしても100人いれば100通りのリアクションがあると思うと人間…お前ら…愛おしいな…って思います。

もちろん「うっせー全員消えろ」って気分のときだってあるけれど前のような人類に対する罪悪感?みたいなものは無くなってきました。自分は自分でしかないし、他人は他人でしかない。そこの区別が私の中ではっきりしてきたなあと感じます。

今まではたぶん人に嫌われるのが怖いあまり他人の感情に過剰に共感しようとして引っ張られてしまったり、自分のことから目を背けようとして他人の言動に頼りきったりしていたんですが今は自分も、そして他人も愛おしいと思えるメンタルが形成されつつあるので引っ張られず、頼りきらずと丁度いい生き方が出来てきてるんじゃないかなと思います。

どんなに嫌気がさしても私は私でしかいられないのでわ泣いても妬いても散々でも私という存在を、そして私に関わる全ての人間を、ときには敵意を向けられることだってあるけれど、愛おしくて素晴らしいと思っていたい。

そんな平和なブログ、最後まで読んでいただきありがとうございます。人類ラブ。

Goodbye

昨日、本命くんのことを諦めようと決めました。

 

彼を好きになったのは5ヶ月前。

この人だと思いました。

優しくて、面白くて、音楽が好きで、格好良い彼。

Twitterでもいろんな人が応援してくれて、ああ、私今すごく素敵な恋をしているなぁと思っていました。

 

でも、私たちにはひとつ無かったことにしてしまおうとしていた過ちがありました。

2回目のデートで事に及んでしまったことです。

未遂でしたが。

私はもう既にその時彼のことが好きで、彼にもちょっとでもその気持ちがあるからこうなったんじゃないか、なんて軽く考えていました。

でも違いました。彼には全くその気がありませんでした。

私は振られました。

でも全く諦める気にならなかった。

彼のことが本気で好きだったから1度の過ちくらいなんてことないと思ってしまいました。

そのあとも何度もデートをしました。

だけど、彼のデート相手は私だけではありませんでした。女の子と2人きりで遊ぶことは、彼にとってはなんてことない当たり前のことでした。

だから少しでも他の女の子に勝とうと必死に可愛い私を演じていました。

 

そんな日々が続く中、私は久しぶりに前好きだった後輩くんに会いました。

後輩くんは以前よく私の悩みを聞いてくれていて、とても信頼している大切な友人でした。

私は後輩くんに今まであった全てを話しました。

すると、「それってもう恋じゃないんじゃない」と言われました。衝撃でした。

「それさ、端娘ちゃんもう都合のいい女だと思われてるよ、だって最悪セフレになってたんでしょ、そんなに自分の価値下げていいの?」

そうだったのか、私都合よく使われてたんだ、最初は信じたくなかったけれど、あまりにも真剣に助言してくれる後輩くんの言葉を聞いていたら本命くんへの気持ちが徐々に薄れていく気がしました。

それから2日ほど後輩くんとLINEで話し合いをしました。

そして昨日やっと、結論が出ました。

「本命くんは私に一切の恋愛感情を抱いていない、このまま行けば私自身がダメになってしまう」

本命くんへの想いが恋から依存に変わりつつあるのは私も薄々気づいていました。気付かないふりをしていました。

でもそれじゃダメだ、しっかりしなくちゃ。

私は私を大事にしたい。一時の感情で手を出してきてしまうようなつまらない男よりも面白い人間性を持った人は山ほどいるはずだ。

そう思えるようになりました。

 

本命くんとのLINEはちょうどキリが良かったので既読をつけて終わりにしました。

もう、用事ができない限り連絡はしないと決めました。

今はとても苦しいけれど、後輩くんの言う通り、人は何回も「世界一好き」を繰り返していくんだと思います。

 

あの時の過ちがなければなと思わない訳ではありません。でも、後悔したって何も生まれないから。

これから新しい恋をしていく中で、同じ過ちを繰り返さないことがこの恋の報われ方なのかなと思います。

 

でもやっぱり、本命くんとのデートを思い出すと涙が止まりません。それくらい好きでした。

だけどもう振り返っちゃいけない。私のために真剣にアドバイスしてくれた後輩くんのためにも私は成長しなきゃいけない。

 

だからさよなら、本命くん。

いろんなことを教えてくれてありがとう。

もうただの友達には戻れないとは思うけど私はあなたを好きでいられて幸せでした。

勝手に思い出を美化してごめんね。

でもこうするしか、あなたを吹っ切る方法がないんです。弱い私でごめんね。

本当にありがとう、さよなら。

恋を失った日

精神グラグラクラスメイトの男子に「僕とセックスしてくれないなら死ぬ」と言われて
泣きながら逃げた日 もし私の恋が報われなければAV出ようと決めた

本来少しは愛を囁かなければ内臓の奥までみせられないのがはがゆい
かっこよくなんか生きなくていいよって言う権利が欲しくてAV女優になりたい

音楽も服も好きな人のために生きた
私と言う存在の全てが恋だった
絶対一生この人でないのなら永遠にひとりでいいと思って 処女でした

恋は命がけだ。片思いは希望であり絶望だ。

人生は完璧であるほど薄っぺらに感じる。

花はいつか散る。人はいずれ死ぬ。

なのにどうしてこんなにも醜くてダサくて惨めな思いをしながらも人は恋をしてしまうのだろう。

内蔵の奥まで私という存在を知っていてほしい。身体中が恋に蝕まれる。自分が消えたって構わない。あなたに認めてもらえるのならば。

あなたが笑えば私も笑った。何が面白いのかわからなかったけれど。一生懸命あなたをわかろうとした。わかりたかった。満たされたかった。

優しくされた日は1日中嬉しくて、嬉しくて泣きそうなほどあなたの言葉を頭のなかで繰り返していた。

あまり話せなかった日はひどく落ち込んで、ご飯も喉を通らないほどだった。

これは私にとって唯一の純愛だと思った。

 

だけど叶わなかった。他に好きな人がいると言われた。涙は出なかった。私は乾いた笑いをこぼすだけだった。

その後数日は普段通りにあなたと話したり、笑ったりしていた。このままの関係がずっと続けばいいと思った。

でも、あなたの好きな人に気づいてしまった。

あなたはあの子にだけ、とても柔らかい、優しさに溢れた笑顔を見せた。

ただただ悲しかった。これほど知らなくていいことはないと思った。

絶望の淵に立たされた私は生きる意味を見失なった。

その日から元々あまり通っていなかった学校には完全に行かなくなった。

恋をすること、誰かを好きになるということ。

それは私にとってすごく難しいことだった。

たった一度の恋愛の失敗で一生分の絶望を経験してしまったが為に恋が怖くなっていた。

私はとうとうセックスに逃げようとした。

好きでもない先輩と寝ようとした。

でもやっぱり怖くなって、結局実現はしなかった。

なんだ、馬鹿なふりしてるけど死ぬ程ピュアじゃん自分、と思った。どれだけ自暴自棄になっても結局はなにより自分が大事だったのだ。

強くありたい。叶わず逃した恋に泣く夜も、絶望の淵で首を吊りそうな朝も、強くありたい。

恋が叶わなくたって、私は私でありたい。

つまらないラブソングよりもずっとずっと強く願った私の恋に美しい終わり方なんてないけれど。

それでも私はまた誰かに恋をする。

 

 

たわごと

私は私以外の何者にもなれない。

憧れ、僻み、妬み、そんな感情がごった煮になった午前3時の孤独には誰も抗えない。

私の魂はすり減りながら前へ前へと進もうとする。

愛情はときに凶器になり私を狂気へと追い込む、怖い、怖い、怖い、愛されたい。

まだ感情が生きていられるうちに早く誰かに救われたい。他力本願な人生だって不格好だって愛されていたかった。うまくは行かなかったけれど。

あなたが好きだったもの。私も好きになりたかったよ。好きになりたがっていたよ。でも出来なかった。私は私でしかなかったのだ。

私は何者になれるのだろうか。

私の中にあるどの私が本物なのだろうか。

私の中にあるどの私を選んで殺せば誰かに愛してもらえるのだろうか。

迫る時間、焦燥、呆然と。

アカウントという実態のなさに縋り、一時のコミュニケーションにしがみついてつまらないコンテンツをまるで宗教のように信じきってしまう。

愚かな私。どこにも行けない。

音楽に救われて天国に行ったって5分15秒後には虚無虚空が待っている。

私はいつも傷ついてばかりだ。

他人にナイフを向ける勇気なんてなくて、結局最後は自ら仮想的な死を迎える。

神様、神様、どうか誰も傷つかないように。

私がいちばん好きで、いちばん死を望んだ人がどうかいちばん幸せでいられますように。

ラブソングの歌詞で泣く日々を消して。ひとつひとつの感情を拾って。どうか見逃さないでいて。

安っぽい言葉、それに群がる白黒黄色。

遺影を撮るような気分で自撮りをして、これが私の顔だったっけ、こんな笑い方をするんだっけ、もうわからない。私には私がわからない。

可愛い可愛い自分のこと、本当にわかっていないのは私自身なのではないだろうか。

本質から目を逸らして逃げているのは私自身なのではないだろうか。

口パクで済ませられるような人生、そんなのありかよ、涙を流してだって歌いきらないと意味が無いじゃないか。

気持ち悪い気持ち悪い本質だって私なんだ、私が抱きしめなくて誰が守ってやれるんだ。

メンヘラというカテゴリに私を分類しないでください。私をちゃんと見てください。誰にも守られない私のこと、守らなくっていいからちゃんと見てください。

流星のように消えゆく希望は私に降り注ぐことは無い。誰にでもあるチャンスなんて蹴っていい。唯一無二の輝きでいたいのだ。

毒虫は地を這い私を蝕んでゆくけれど。

ピアノの音は止んでしまったけれど。

雪は降り積もり足場を奪ってゆくけれど。

私は私以外の何者にもなれない。

 

 

YUKIコンサートツアー「Blink Blink」いまさらレポ

八月が終わる。

今年の夏はことあるごとに音楽に命をつなぎ止められた夏だった。

そんな夏の終わりにわたしの最も敬愛するYUKIちゃんについてライブレポも兼ねて書きたいと思う。

7月22日、私は函館アリーナにいた。

YUKIコンサートツアー「Blink Blink」公演1日目。

函館はYUKIちゃんの故郷だ。

会場はツアーグッズを持ったファンでごった返していた。

f:id:MadenoMiyage:20170831234513j:image

(今回のツアーグッズ、どれも可愛い)

迷って迷ってグッズを買い(Tシャツは今回予算的に見送りした)、総額10000とさよならをし、さっそくテンションMAXで会場に入った。

前日のJRの遅れにより(だったはず)少し遅れて上演開始。

暗くなる会場、自然と緩む涙腺。 

YUKIちゃんの登場。涙腺崩壊。

ゴージャスでポップでキュートな衣装に身を包んだYUKIちゃんはまさに女神だった。

 

ここから1曲1曲感想を書きたいのだがYUKIちゃん、今回の公演でたっぷり27曲も歌ったので適度に省きつつ紹介していきたいと思う。

 

1曲目「暴れたがっている」

アルバムの1曲目。やはり来たかと言った感じ。最高のノリで歌い上げる。そして踊る。

最高のスタートを切ったYUKIちゃん。

2曲目「プレゼント」

3曲目「ドラマチック」

4曲目「ハローグッバイ」

歌詞の通り力わなわなとみなぎる曲。

ここら辺からテンションが上がりすぎて時間の感覚が時空を超え完全にYUKIワールドへ。

5曲目「名も無い小さい花」

今回のアルバムより。

「後ろを振り返りしながら訳の分からない影に怯えて眠る日を図書館に返しに行こう」という歌詞がお気に入り。

6曲目「the end of shite」

YUKI初期アルバム「PRISMIC」より。

この選曲はYUKIちゃんの始まりとこれからの活躍をあらわしているなぁと感動した。

7曲目「私は誰だ」

今回のアルバムより。

YUKIちゃんが「私は誰だー!!」というと会場中から「YUKIーーー!!!」と歓声が。

8曲目「こんにちはニューワールド」

これも今回のアルバムより。

歌詞に方言がはいるファン胸アツ曲。

ここでなんとYUKIちゃんが感極まり泣いた。

もちろん私も泣いた。号泣だった。

9曲目「tonight」

10曲目「レディ・エレクトリック」

今回のアルバムより。

「放電してよレディ」の歌詞に合わせて後ろのモニターのYUKIちゃんがビリビリ放電する。

最強の可愛さ。

11曲目「プリズム」

ライブの定番曲。

そして私が必ず号泣する曲。

「わたしはどこかで間違えたかしら 今はわからない答えは雲の上」。好き。

12曲目「ひみつ」

13曲目「バスガール」

今回のアルバムより。

後ろのモニターに映像が映し出される。

盛り上がる手拍子。会場の一体感を感じた。

14曲目「メランコリニスタ」

15曲目「ランデヴー」

とってもとっても人気曲。

弱虫ロミオよさらってくれるの!!!

16曲目「ワンダーライン」

みんなが歌って踊れる曲。

YUKIちゃんはこの曲がまさかライブの定番曲になるとは思ってもみなかった、とどこかで言っていた(覚えておけよ)

17曲目「JOY」

踊る。踊る。とにかく踊る。

腕の痛みが出てくる頃だが全く気にならなかった。とにかく踊って踊って踊った。

18曲目「Hello」

19曲目STARMAN

20曲目「相思相愛」

21曲目恋愛模様

まさかやるとは思っていなかった1曲。

お気に入りなのですごく嬉しかった。

ピアノがめちゃくちゃ素敵でした。最高。

22曲目「2人のストーリー」

私が弾き語りでよくやらせていただいている曲。ただ君を思い幸せを願った。

23曲目「聞き間違い」

今回のアルバムより。

「あの時聞き間違いでないのなら風の中「大丈夫」そう聞こえたよ」

わたしの「大丈夫」もYUKIちゃんに届いて欲しいと心の底から願った。

24曲目さよならバイスタンダー

今回のアルバムより。

「三月のライオン」のオープニングテーマにもなった曲。この曲は歌詞が全体的にドツボ。

25曲目「泣いてる怪獣」

26曲目「WAGON」

カツセマサヒコさんもときどきツイートしているこの曲。ライブの定番曲であり最高のポップなキュン曲。今回も聴けてよかった。

27曲目「トワイライト」

今回のアルバムより。

YUKIちゃんも会場もボルテージMAXの状態。

ここでテープが飛ぶ。必死に手を伸ばして掴み取った。後日隣にいた母に聞いたら「あんた鬼の形相してたよ」だそう。だってライブのテープですよ?そりゃ鬼の形相にもなりますよ。

ラスト

YUKIちゃんがマイクを置いた。

生声での感謝の言葉。

これは泣くしかなかった。

本当にこの人を好きでよかったと思った。

 

というわけでたっっっっっぷり27曲。

今回アンコールはなし。

本当に満足感しかない、幸福感しかないライブでした。

YUKIちゃんの故郷で、YUKIちゃんの声が聞けたことが本当に幸せでした。

まだ感想を書けていない曲が多いのでまた追記したいと思います。

ありがとうございました。